忍者ブログ
日本クレジットカード協会の発展を応援しながら 歴史などカードの賢い利用方法を学習
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カード人口は日に日に増えているような気がしないでもありません。
もちろん厳密な数字なんてわかりませんが・・・

いったいどれくらいの人たちがクレジットカードやカードローンなどを
利用して低金利ローンを活用しているのでしょうか。
その場合に起こりえるトラブルや事故などにも、対処などの
マニュアルを事前に理解しておく必要性はいまさら言うまでもありません。
未来的なカード利用のテクニックは、こういったものへの自覚なども
要求されていくのかもしれません。
事業資金の一覧

まだまだ多方面の企業や業界との提携は考えられ、
その中で消費者は上手くその利用頻度を高めていく上の
賢い使い方もカード上級者への道になるのかもしれません。
PR
その健全性を追求することは、キャッシングへの真摯な姿勢であると評価されることも
なくはない。
JCCAの理想と現実的なお借入スタイルを、その極限を目指すためには何がこれから
必要なのか?
消費者にとって求められるものを幾つか思い浮かべてみたいとも思っている。
そしてその先には正しいキャッシング利用が待っているのではないかとさえ感じる。
お借入の理想は利息とその返済期間や回数など、数え上げたらきりがない。
それでも実質年率は無視することは出来ないことは利用者の誰もが承知しているのではないだろうか。
利息の実情は消費者金融の広告を見れば理解は出来る。
実際に借りてからの返済計画も、現在では色々なシュミレーションなどが利用できるようになっている。
その健全性が途切れない企業努力は感心させられるばかりだ。
ふいに返済日を忘れてしまうことがあっても、きちんとお約束は守る使命感ももってしまうのではないかという
気もしないでもない。
もちろん、それはそれで個人差によるところが大きい。
これからキャッシングすることを考えているときには、まず低金利のローンを選ぶのも
悪い気がしない。
これは絶対とは言い切ることは難しい問題。
人それぞれの考え方とキャッシングに対する接し方も違ってくるから。
低金利タグ検索
いざキャッシングしようとしてカードを探してもなかったり、
ショッピングの時にもあるはずのカードが財布に入ってなかった経験が
ある人も結構多いのではないでしょうか?
キャッシュ同様に使えるカードは貴重品の一つでもありますし、
紛失しないように心がけることも大切です。

では、いざ紛失や盗難にあったときは、どういう処置や対応が適切なのかを
考えてみたいです。
まずは、カード会社やキャッシングカードを発行している消費者金融などに連絡することを
忘れてはいけません。

動揺しているときなどは、当たり前のことが当たり前に出来ないこともあるようです。
被害の拡大を少しでも食止めることが重要ではないかと・・・
それと同様に日頃の保管場所も見直す必要があるのかもしれませんね。
かといって、保管場所を忘れてしまってはとなると大変です。

やはりいつも分る場所で安全性の高いところ?がいいのかも。
そう簡単に最適なスペースは見つからないかもしれませんが、
そういった場所を作る努力があってもいいのかもしれません。
やはりカードの管理は自己責任的な比重が大きく、
自分で守るという意識も大切なのでしょう。
いざキャッシングするときに使えない見つからないでは、
カード発行の意味がありませんからね。

最近はJCCAも広く知れわたり、類似の名称を使用した悪質業者も出現しているようです。

消費者へ正しいカードの利用法をPRする団体としてイメージが浸透と認知されているだけに、

混乱を招く恐れが可能性としてございます。

こういう場合は、まずは発行しているカード会社へ確認をとってみてから応対した方が良いでしょう。

中には悪質な業者の存在も、残念ながら否定はできません。

日ごろより意識調査などを精力的に実施はしておりますが、公式にも記載されいるように

直接に連絡をとることはないようです。

カードやキャッシングなどが安全に使えるように、これからもJCCAは発展を目指すことが

期待されています。

 

 

消費者信用関係5団体によって消費者啓発活動を行っています。

もちろんJCCAもその中に入って積極的に活動しているようです。

注目すべき点は、業界として対応策を講じていくという姿勢には

消費者保護の視点からという意味合いが深いのではないかと思われます。

返済能力を超えた場合のケアも重要なことですが、

超えないケアにも何らかな予防策が必要なのではないでしょうか。

正しく利用することを具体的に示し説明することは、これからのクレジットカード

業界のイメージアップにもなることのようにも思えます。

カードでショッピングやキャッシングする際に、より高い認識と理解に導くことが

JCCAの価値にも結びつくこともあるのかもしれません。

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
カード万次郎
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]